経理のキャリアが頭打ちな中小企業経理に伝えたい。

本記事はPR内容を含みます。

経理のキャリアが頭打ちなときどうする?

経理のキャリアが頭打ち。仕事の全体像を掴んだし、成長の伸びしろがもうないかも。。

中小企業の経理は、裁量が大きく全体像を早くつかめます。その分キャリアに頭打ちを感じてしまうのも事実。

管理人

僕もそんな経理の一人でした。

管理人
この記事を書いた人
  • 社員数100人規模の非上場会社で経理。
  • 経理を5年やり、初めての転職。

本記事では、僕の体験談を含めた「キャリア頭打ち」への向き合い方を紹介します。

記事を読んでほしい人

  • 中小企業経理の人
  • 3〜5年経理を経験した人
  • キャリアの頭打ちを回避したい人

結論、「キャリアの頭打ち」は、「市場価値の高まり」とほぼ同じです。市場価値の高い状態で、適切な行動をすることが大切です。

経理のキャリアが頭打ちな中小企業経理に伝えたい。

まず、お伝えしたいこと。中小企業経理を3〜5年経験したあなたの市場価値は高いです。転職経験がない方は、自分のスキルに自身がないかもしれませんが、自分を過小評価しているかもしれません。

あなたたちの市場価値は高い。

事実、経理の実務経験3年以上の人材を欲している企業はたくさんあります。

簿記2級を取得しているのであれば、評価はさらに盤石です。まず、市場からのニーズがある人材であることに自信を持ってください。

中小企業経理のスキルは高い

中小企業の経理は、経理業務の全体像を知るため価値があります。

なぜなら、大企業の経理は3年やって1つの勘定科目の決算をマスターがやっとだから。実務経験3年で、決算の取りまとめができる中小企業の経理は貴重なのです。

新たな環境を求めて冒険する経理は少ない

経理のキャリアに頭打ちを感じても、安定を求めて会社に残る人は多いもの。

せっかく覚えた仕事を手放してチャレンジする人は、安定を求める経理には少ないと感じます。しかし、そんな環境だからこそチャレンジする経理にはチャンスがあります。

キャリアの頭打ちを回避する手段

キャリアの頭打ちを回避する手段について考えてみましょう。

会社での出世を目指す

最初は誰しも会社での出世を目指しています。僕もそうでした。

しかし、会社での出世には大きな壁が存在します。それが、上の世代が詰まっている問題です。

あなたの会社には同僚や上司はいますか?

あなたが経理として一番若手で、すでにキャリアの頭打ち感を感じているようなら危険信号です。出世までに途方もない時間がかかってしまいますよ。

会計の資格を習得する

仕事はマスターしたので、上位の会計資格を目指す人もいます。

税理士資格の講座は30万、公認会計士講座は60万くらい費用がかかります。さらに学習時間を投資しても、合格できる人は一握りに限られます。

お金と時間を投資することに抵抗がない人にはおすすめです。

新しい環境に転職する

転職して新しい環境にチャレンジするのも1つの方法です。

キャリアの頭打ちは、いまの会社で経験できる仕事の天井に差し掛かっていることを意味します。転職して新しい環境に身をおけば、新しい仕事を経験できキャリアが広がります。

年齢が若いほど選択肢は豊富で、市場価値が高くなります。

頭打ちな環境で時間を過ごすリスク

市場価値が低くなってしまう

転職市場では年齢が大きな価値を持っています。

すなわち同じスキルであった場合、若い人のニーズが高いということ。

キャリアが頭打ちな状態をズルズル引きずることは、市場価値を下がる自分をだまってみているのと同じことです。

時間を無駄にしてしまう

キャリアが頭打ちな会社で働いても、スキルアップは期待できません。

仕事の幅は広がらず作業をこなすだけになるので、成長する時間を無駄にしていることになります。

管理人

僕自身、転職前の2年間は忙しいものの、成長は実感できませんでした

環境変化に対応できなくなる

仕事で成長を感じられなくなると、外の世界に目を背けるようになります。

会社にしがみつく上司がその典型。

環境の変化に対応できずに、諦めの気持ちが勝ってしまうリスクが増します。

リスク無く転職活動する方法

キャリアの頭打ちを回避する選択肢は実質的に転職しかありません。

とはいえ、転職へのリスクに一歩を踏み出せない人も多いと思います。

実は転職活動にリスクない

リスク無く転職活動する方法は存在します。

例えば転職活動には以下のリスクがあります。

転職のリスク

  • 会社にバレる
  • 給料が下がる
  • 仕事内容のミスマッチ

これらのリスクは転職エージェントを利用することで回避可能です。

転職エージェントを使えばリスク回避できる

転職エージェントは転職サイトと違い、職歴をヒアリングして案件を紹介してくれるので会社バレのリスクが有りません。

また、企業に直接応募するのではなく、エージェントが代理人となるため条件が悪い場合は断ることが可能です。

自分の満足いく転職のみOKすればいいので、求職者側にリスクがありません。

すぐに転職せず、まずは相談もOK

まずは転職相談もOKです。転職希望時期を6ヶ月など長めに設定することも可能なので、まずはキャリアが頭打ちな悩みを放置せずに相談するのがおすすめです。

まとめ:今がもっとも市場価値が高い

経理のキャリアに頭打ちを感じているなら、今が市場価値が最も高い可能性が高いです。

チャンスをみすみす逃してしまうのはもったいないです。

  • 市場価値が高いうちに行動しますか?
  • リスクを恐れて今の環境に残りますか?
管理人

あなたなら、どちらを選びますか?

ご自身で考えて、決断してみてください。

【経理におすすめの転職エージェント】を、年齢別に紹介しています。ご興味がある方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

経理の転職エージェントの選び方。4つのタイプを解説。

Let' TRY

あなたのおすすめは?

経理におすすめの転職エージェント【年齢・目的別】

あなたにあった転職エージェントの選び方を紹介。まずは気軽にキャリア相談から始めましょう。

解説記事を見る

/おすすめが見つかる!\